分子シミュレーションチーム

研究概要(テーマ)

創薬支援ソフトウェアの開発と豊富な応用事例で新規な標的に対する分子設計を支援

理論分子設計チームでは、創薬支援ソフトウェアmyPresto、各種創薬支援ソフトウェア、化合物データベースなどを開発しており、ユーザーのニーズに合わせたソフトウェアの改変・作成が可能です。

また、タンパク質‐タンパク質複合体阻害剤を始め、数十の標的タンパク質に対して、数百のヒット化合物に加え、多数のリード化合物の創成に関わった経験があります。

これらのノウハウと技術により、市販ソフトウェアを超える性能、市販ソフトウェアでは実現できなかった作業を可能にし、日本の分子設計の技術的課題解決をリードしています。

理論分子設計チーム 研究概要

開発技術の用途

・ヒット化合物の活性向上およびリード最適化
・リード化合物の副作用の予測と副作用低減のためのデザイン
・タンパク質などの構造モデリングとシミュレーション

 

▲ページの先頭へ戻る