3D分子設計チーム

研究概要(テーマ)

独自のNMR技術と各種実験の組み合わせにより薬物の作用様式を解明

分子間相互作用解析チームでは、主に溶液NMR実験装置を用い、独自のタンパク質発現技術、測定技術を駆使することで、タンパク質‐タンパク質間、タンパク質‐薬剤間相互作用の立体構造的解析を行っています。

理論分子設計チームで開発された手法を用いて、NMRの実験結果を満たすように3次元的な構造モデル構築を行うことも可能であり、視覚的に、薬物の作用様式を高い精度で解明することができます。

また、これらの技術のユーザーに向けた技術指導も行っています。

分子間相互作用解析チーム 研究概要

開発技術の用途

・スクリーニング等から得られたヒット化合物の検証
・薬剤-タンパク質の高精度複合体構造の構築
・構造活性相関研究によるリード化合物の創成

 

▲ページの先頭へ戻る