3D分子設計チーム

最近の主な成果

NMRと計算の複合によるタンパク質‐化合物複合体構造予測技術

担当:竹内 恒 研究員

成果の概要

新たに開発した溶液NMR手法、DIRECTION法をもちいてタンパク質ー化合物相互作用を解析することで、より精密にタンパク質ー化合物間の距離情報を得ることが可能になった(図1)。

NMR(DIRECTION法)による化合物情報の測定

図1: NMR(DIRECTION法)による化合物情報の測定

 

また本手法を計算機科学的手法と融合させることで、タンパク質と薬物の複合体構造を、結晶化をせずに予測する技術の開発に成功した(図2)。
本手法は、迅速な薬物設計に有用である。

ドッキング計算によるNMR情報を再現する複合体の再構成

図2: ドッキング計算によるNMR情報を再現する複合体の再構成

 

開発技術の用途

創薬研究におけるHit-to-leadプロセスの支援、化合物の分子設計に用いられる。

 

【最近の主な成果】
・NMRと計算の複合によるタンパク質‐化合物複合体構造予測技術
NMRによる疾患関連タンパク質-リガンド相互作用解析

 

【研究詳細:重要課題2】へ戻る

 

▲ページの先頭へ戻る