機能プロテオミクスチーム

最近の主な成果

安全なiPS細胞を高効率で誘導する新規因子Glis1の発見

担当:五島 直樹 研究チーム長

成果の概要

原がん遺伝子c-Mycを含む従来の山中4因子によるiPS細胞には、腫瘍発生が懸念されていた。
一方、 c-Mycを除いた山中3因子ではiPS細胞誘導効率が低い問題があった。

そこで今回、ヒト完全長cDNAリソースから安全かつ効率的なiPS細胞作製を可能にする新規因子Glis1遺伝子を発見した。
Glis1を3因子(Oct3/4, Sox2, Klf4)と共に線維芽細胞に導入すると、従来法に比較して数十倍以上の効率でiPS細胞を作製でき、 このiPS細胞から作製したキメラマウスは腫瘍発生も認められなかった。

さらにGlis1の作用機構も解明し、初期化が不完全な細胞の増殖を抑制し、初期化した細胞のみを増殖させることを明らかにした。

本成果は、Nature誌の2011年6月9日号に掲載された。また、PCT出願を既に行っている。

 

今後の展望

  • ・幹細胞等を利用した再生医療等に資する基盤技術及び標準化技術の開発
  • ・ヒト完全長cDNAリソースを利用し、高効率で安全なiPS細胞の作製を可能にする新規因子の探索を行ない、創薬や再生医療に必要な基盤技術を開発する。

新規iPS細胞誘導因子の探索
新規iPS細胞誘導因子の探索

 

開発技術の用途

今回発見された転写因子Glis1とそこから得られた知見は、iPS研究の基礎研究、将来のiPS細胞の臨床応用に大きく貢献する。
現在、標準的なiPS細胞誘導因子の有力候補になっている。

Glis1を用いた新規iPS細胞誘導法の開発
Glis1を用いた新規iPS細胞誘導法の開発

 

【最近の主な成果】
ヒトのインビトロ・プロテオーム研究の活用
・安全なiPS細胞を高効率で誘導する新規因子Glis1の発見
免疫モニタリングシステムの開発と臨床診断への利用
ヒトタンパク質の網羅的細胞内局在画像情報の公開
不溶化タグの開発と標準タンパク質としての利用
再生医療実現拠点ネットワークプログラム

 

【研究詳細:重要課題1】へ戻る

 

▲ページの先頭へ戻る